おやじ

おやじ

2015年12月12日

HTMLひな形の説明

 

ダウンロードした「index.html」をTeraPadで開いてください

1行目の<!DOCTYPE・・・・・・・・・・・>はHTML言語のバージョンを表します。

最新バージョンは「HTML5」ですが、「XHTML 1.0 Transitional」は対応しているブラウザ(Internet Explorer 、Firefox、Safariなど)も多いです。

「HTML」とは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略で、元々は文章を書くために開発された言語です。

 

2行目の<html・・・・・・>、10行目の</html>で、この間がHTML文書であることを宣言しています。

 

3行目の<head>、7行目の</head>間は文書のタイトル等のヘッダ情報を記述します。

 

4行目は使用する文字コードが「utf-8」だと宣言しています。

 

5行目はスタイルシートのリンクを宣言しています。
スタイルシートについては「スタイルシート(CSS)ひな形の説明」で解説します。

 

6行目はホームページのタイトルを記述しています。
「無題ドキュメント」をタイトル名に変更します。

 

8行目<body>、9行目</body>間にブラウザで表示されるホームページ本体を記述します。

 

ここでは深く考えず「ふ~ん」てな感じで、なんとなく見て頂ければ結構です。

現時点(2015年)で何も問題は無いので、「ひな形」として気にせず使ってください。

 

コメントを残す