おやじ

おやじ

2016年01月20日

画像の表示(imgタグ)の説明

jpeg・gif・png形式の画像を標示するときにimgタグを使います。

index.htmlの記述

src=”画像ファイルへのパス”

img_01

画像ファイル(header_01.jpg)はimagesフォルダ内にありますので画像ファイルへのパスは  src=”images/header_01.jpg” となります。

width=”画像の横幅” height=”画像の高さ”

画像の横幅、高さは省略しても表示されます。

省略した場合、何らかの原因で画像が表示されなかったときに画像エリアが確保されないので、ページレイアウトが崩れることがあります。

alt=”画像の説明”

画像が表示されなかった場合、代替えに表示するテキストです。

画像を見出しとして使う場合は、alt属性のテキストが「見出し」となります。

上記の場合、大見出し(h1)が「オヤジカンパニー」となります。

 

コメントを残す