社団法人新潟県聴覚障害者協会からのお知らせ

新潟県聴覚障害者協会からのお知らせ

「目で聴くテレビ」放送お知らせ~ 3月22日

全日本ろうあ連盟よりお知らせがありましたのでお知らせします☆

 事務局
 
**************************
CS障害者放送統一機構「目で聴くテレビ」より、
手話・字幕付きの特別番組のお知らせがありました。
 
☆森友学園籠池理事長証人喚問をリアルタイム字幕と手話で緊急放送します。
3月23日(木)14時50分~16時50分
(11時55分~13時55分まで「ひるおび」放送の後)
「目で聴くテレビ」をご覧ください。
 
一般財団法人全日本ろうあ連盟

東日本大震災を忘れない 3.11声明 ~全日本ろうあ連盟~

東日本大震災を忘れない 3.11声明

 

2011 年3月11 日に発生した東日本大震災から6年がたとうとしています。福島では避難指定解除の動きがありますが、再建にはほど遠い状況です。

東日本大震災復興途上の中で、昨年4月16 日に震度7の熊本地震が発生しました。聴覚障害者災害救援中央本部では、直ちに対策本部を立ち上げ、支援金を募って支援活動を展開してきました。その中でも相談員派遣は、支援の必要性が高いことを鑑みて、2017 年2月末まで支援を続けてきました。今後は地元で制度や社会資源について協議を進めていくことになりますが、本部でも支援を継続していきます。

また、本年度も東日本大震災被災3 県への訪問調査を継続しており、本年度で3 回目となります。まだ被災者の心のケアはこれからも必要であり、各地域の防災に関する取り組みへの組織的な支援が引き続き必要です。

さらに、内閣府をはじめ関係省庁には、「手話通訳や字幕などの情報保障の確保」「地域防災計画を策定する際の障害当事者の参画」などの要望書を手渡し、地域防災の聴覚障害者関連事項の充実を図るよう要望しました。

 

熊本地震の他にも2016 年は10 月21 日に震度6弱の鳥取県中部地震、12 月28 日には茨城県で震度6弱の地震が発生していますが、各地域本部の日頃の取り組みにより、速やかな安否確認が可能になっています。災害時だけに支援が必要ということではなく、日常的に地域でのつながりがあってこそ、災害時にも的確な支援ができることが改めて確認できました。

 

現在、手話言語法制定の動きと連動するように、手話言語条例が施行される地域が増えています。聴覚障害者や手話に関する理解が進みつつあることを嬉しく思う反面、災害等が発生したときは、その地域全体が被災者となります。

・被災地の聴覚障害者がまず自分の身を守る「自助」、

・家族や地域住民等と連携を図る「共助」、

・国や地方公共団体が行う「公助」

の「自助」「共助」「公助」が、障害のある人が主体となって仕組まれていく必要があります。

 

聴覚障害者自身が地域で防災、減災の学習や防災訓練に参加し、様々な場面で聴覚障害者への理解を広めると共に、国や地方公共団体への要請を継続することが「自分の命を守り、みんなの命を救う」ことにつながります。

「逃げろ!の言葉が聞こえなかった」ということが二度と起きないよう、あらゆる人が安心、安全を確信できる共生社会を目指し、全国の仲間とともに防災・減災に向けて、さらに取り組みを強化していく決意をここに表明します。

 

2017年3月11日

聴覚障害者災害救援中央本部

運営委員長 石野富志三郎

〈構成団体〉

一般財団法人 全日本ろうあ連盟

一般社団法人 全国手話通訳問題研究会

一般社団法人 日本手話通訳士協会

年度末の書籍発送の休止について 3月28日~31日

日頃より当協会の出版事業にご協力いただき、ありがとうございます。

標記について下記の通り、お知らせいたしますのでよろしくお願い致します。

 

年度末の書籍会計決算に伴い、3月28日(火)~31日(木)はご注文書籍の発送を休止させていただきます。

3月28日(火)以降のご注文→4月4日(火)に発送となります。

県聴障協事務所で現金購入される方は3月30日(木)まで受付けています。

ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

出版部・事務局

マークが決定!~全日本ろうあ連盟より~

~全日本ろうあ連盟より~

「手話マーク」・「筆談マーク」が決定!

「手話マーク」「筆談マーク」は誰にでも一目でコミュニケーション手段がわかるために決まりました。

 

①手話マーク

【対象者】ろう者等、手話を必要としている人

「手話で対応をお願いします・手話でコミュニケーションを対応します」

手話マーク(全日本ろうあ連盟)カラーA2

②筆談マーク

【対象者】筆談を必要としている人

(ろう者等、音声言語障害者、知的障害者、外国人なども含みます。)

「筆談をお願いします・筆談で対応します」

 筆談マーク(全日本ろうあ連盟)カラーA2

役所、公共及び民間施設・交通機関の窓口、お店など、手話対応、筆談対応できるところで広く提示いただけます。

第65回全国ろうあ者大会お知らせ

第65回全国ろうあ者大会お知らせ

全国ろうあ者大会inFUKUOKAの案内書が事務所に届きました。

ご希望の方は、地域ろうあ協会または当協会までお問い合わせください。

大会HPでもご案内しています。「第65回全国ろうあ者大会」で検索できます。

 

当協会まで申込み締切:4月7日(金)

事務局

平成29年度手話通訳者養成講座受講生を募集します ~再受講もOK!~

平成29年度手話通訳者養成講座を下記のとおり3会場で開催します。

皆さんの受講をお待ちしています。

 

《手話通訳Ⅰ》 会場:長岡市社会福祉センター(トモシア)

・日程:4月30日(日) 5月13日(土) 5月27日(土)  6月11日(日)  

      6月17日(土) 7月2日(土) 7月22日(土)  8月19日(土) 

            8月27日(日)  9月16日(土) 9月24日(日) 10月8日(日)

           10月28日(土)    11月4日(土)    11月25日(土) 12月10日(日)

           全16回

・受講対象者:20歳以上で以下の条件を満たす者。

 市町村の手話奉仕員養成講座(入門・基礎)修了者(申込時、修了証書のコピーを添付する)。

 *居住市町村に手話奉仕員養成・派遣制度がない場合は、受講申込書で申告された活動経歴の内容で審査します。

・申込締切:平成29年3月30日(木)厳守

 

《手話通訳Ⅱ》 会場 : 燕市市民交流センター

・日程:5月14日(日)  5月27日(土)  6月10日(土) 6月18日(日)  

            7月1日(土)  7月23日(日)  8月5日(土)    8月20日(日)  

            8月26日(土)  9月3日(日)   9月23日(土)  10月 7日(土) 

           10月22日(日) 11月5日(日)  11月11日(土)        全15回

・受講対象者:平成28年度までの「手話通訳Ⅰ」または「基本課程」修了者

・申込締切:平成29年4月25日(火)厳守

 

《手話通訳Ⅲ※》    会場:上越市福祉交流プラザ 他

・日程:4月22日(土)  4月29日(土)  5月20日(土)   9月10日(日)

           10月1日(日) 10月28日(土) 11月3日(金・祝)  全7回

・受講対象者:平成28年度までの「手話通訳Ⅱ」または「応用課程」修了者

・申込締切:平成29年4月6日(木)厳守

※ 平成28年度までの「実践課程」に代わる講座です。

 

◇ 日程は変更になる場合があります。

◇ 3講座とも受講料は無料(但し、別途教材と資料代が必要となります)。

◇ 各講座の募集要綱・申込書は、各手話サークルおよび地域ろう協、受講対象者に送付します。

◇ 各講座とも再受講も受け付けますが、定員(20名)を超えた場合はお断りする場合があります。

◇ 申し込み、お問い合わせは県聴障協事務局まで。

~ろう教育対策部よりお詫びとお知らせ~

お知らせしていました2月11日(土)予定のろう教育フォーラムの企画について

都合により中止となりました。大変申し訳ありません。

 

ろう教育対策部

 

衆議院・長島忠美氏 顧問就任

長島忠美氏は衆議院議員として日頃から活躍されています。

山古志村長時代から培われた多くの知識と経験をお持ちの長島氏から顧問に就任いただいたことで、今後の手話言語条例制定をはじめとする当協会の活動がより活発化することを期待しています。

当協会の顧問は、齋藤純 氏と長島忠美 氏 の2名からご協力頂いております。

 

事務局

労働フォーラム開催します 2/4(土)

労働対策部では、新通研労働班に協力いただき今年も「労働フォーラム」を開催いたします。

2016年4月から障害者雇用促進法が改正され、職場における環境が大きく変わっています。日頃の職場の悩み、また今後の就労に関する情報交換を図りながら、よりよい職場環境について考えてみませんか?

聾学校の生徒さん、ご父兄方の参加も歓迎いたします。

 

 

  1. 日時:2月4日(土) 10:00~16:00(その後交流会あり:場所時間は別途)
  2. 会場:長岡市社会福祉センタ- 3F 多目的ホール
  3. 内容

1)10時~

①第21回全国職業安定所手話協力員等研修会兼ろうあ者労働問題フォーラム参加報告(県聴障協理事 目黒健太)

②聴覚障害者が働く現場について

③企業での聴覚障害者雇用の現場例

2)13時~  労働懇談会(グループに分かれて話し合います。)

 

4.参加費:無料です。どなたでも参加できます。手話通訳が付きます。

5.問い合わせ、申し込み先:新潟県聴覚障害者協会 FAX:025-381-4699

 

労働対策部・事務局

全日本ろうあ連盟70年史について  PR

【全日本ろうあ連盟70年史について】特別価格販売は1月31日までです!
 
今年、全日本ろうあ連盟が70年を迎えます。
それに合わせて全日本ろうあ連盟70周年史が予約販売中です。
 
1月31日までの価格が送料込みで8,748円(税込)です。
2月1日からは1冊9,720円(税込)+送料460円=10,180円になります。
 
特別価格は1月31日までですので、ご希望の方はお早めに☆
全ページフルカラーでろうあ運動の全てが写真や資料で見れます。
20170110153020307_0001