社団法人新潟県聴覚障害者協会からのお知らせ

新潟県聴覚障害者協会からのお知らせ

投稿年月:2016年10月

出版部からのお知らせ

こんにちは。

出版部からのお知らせです。

販売終了となった書籍紹介と全日本ろうあ連盟では販売終了したが事務所にある書籍数をお知らせいたします。

残りがわずかとなってきましたのでご希望の方は、お早めに申込みください☆

リストを貼り付けますのでクリックしご確認いただければ幸いです。

%e5%87%ba%e7%89%88%e9%83%a8%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b

県知事選候補者に対する公開質問状の回答

このたびの新潟県知事選で立候補した4名の方に対し、協会として公開質問状を出しました。本日までに回答をいただいた3名の皆さんのお考えを掲載いたします。


【質問項目】
1.「手話言語法(仮称)」の制定について
2.「新潟県手話言語条例」の制定について
3.聴覚障害者福祉施策について取り組みたいこと

【各候補者の回答】 ※回答順に掲載しています

三村 誉一(みむら よいち)候補
1.「手話言語法」の制定について
  関心を持っていませんでしたので、小生は手話通訳を断ってしまいまし
  た。偏見ではなく、小生には不用と思ったまでですが、断ったのは間違
  いでした。普及に努力すべきは当然。
2.「手話言語条例」の制定について
  ぜひ、ご努力をお願いします。当選できたら最大限の努力をつくしま
  す。
3.聴覚障害者福祉施策について取り組みたいこと
  関係各位のご意見をうかがって、必要のあるものには最大限の努力をつ
  くします。

森 たみお(もり たみお)候補
1.「手話言語法」の制定について
  「手話は言語である」ということは障害者権利条約に盛り込まれている
  考え方であり、国際的な共通認識になっているものです。
  したがって、我が国においても手話によるコミュニケーションの普及を
  国全体で取り組むことが重要であり、そのための法律を制定することは
  大きな意義があると考えています。
2.「手話言語条例」の制定について
  国が法律によって手話普及の基盤をつくることは望ましいことですが、
  一方で、実際に手話の人材を育成し、手話通訳サービスを提供するのは
  地方自治体の役割です。
  したがって、国の法制化を要望するだけでなく、それと並行して県が条
  例を制定して全県に手話が普及する環境づくりを進めることが重要であ
  ると考えています。
3.聴覚障害者福祉施策について取り組みたいこと
  手話通訳サービスの充実や県民への手話の普及など様々な課題がありま
  すが、そのためにはまずもって手話通訳ができる人材を増やすことが重
  要であると考えています。
  特に一定レベルの技術・能力のある手話通訳者の養成は県が中心になら
  なければ出来ないことですので、そのための施策を市町村や関係団体と
  連携して積極的に進めたいと考えています。

米山 隆一(よねやま りゅういち)候補
1.「手話言語法(仮称)」の制定について
  日本は障害者の権利条約の趣旨を踏まえ、障害者基本法を改正し、その
  中でご指摘のように「手話」を言語に含むこと、またコミュニケーショ
  ン手段の選択権が障害当事者にあることを明記しました。
  また、共生社会に向け、障害を理由とする差別の解消を推進するため、
  障害者差別解消法も制定し、本年4月より施行となりました。
  こうした動きは大変大きな前進だと考えています。しかし一方で、この
  ことによって聴覚障害者の方々を取り巻くコミュニケーション環境が改
  善されたかと言えば、残念ながらまだ十分ではありません。この環境を
  改善していくためには、やはり個別法による取り組みが必要と考えま
  す。
  私が知事に就任した場合は、「手話を広める知事の会」に参加し、「手
  話言語法(仮称)」の制定に向けた国民運動に積極的に参加していきま
  す。
2.「新潟県手話言語条例」の制定について
  鳥取県をはじめ、すでにいくつもの自治体で「手話言語条例」が制定さ
  れていることは承知しています。私としては、聴覚障害者の方々のコミ
  ュニケーション環境を改善していくため、すでに条例を制定している自
  治体の状況をよく調査し、聴覚障害者団体をはじめ、多くの関係者と協
  議をしながら、「手話言語条例」の制定に向け取り組んでいきたいと考
  えます。
3.聴覚障害者福祉施策について取り組みたいこと
  今後も当事者の皆様の声を聴かせていただき、意見交換しながら「手話
  言語法」や「手話言語条例」の制定を含め、聴覚障害者の方々が社会生
  活を送る上で最も基礎となる「情報」へのアクセスを確保・保障するた
  めの制度の充実にも取り組んでいきます。
  また、地域や雇用の場など、社会のあらゆる分野で聴覚障害者の方々が
  自分の能力を十分に発揮し、活躍できる、また安心して暮らせる社会環
  境の整備に取り組んでいきます。

青年部より2

青年部シンボルマークの決定

 

青年部のシンボルマークが決まりました!!

デザインは佐々木よしみさん、イラストレーターは長野吉明さんです。

今後、青年部のシンボルマークとして使用していくことになります。

 

【シンボルマークの説明】 (佐々木よしみさん)

ろうの象徴のタツノオトシゴを全面的に強くアピールと同じく新潟ならではの名物の朱鷺、米俵(または米百俵)、佐渡金山の3点をアピール出来るよう絵面のバランスを見ながら考案しました。

私の中で青年部のイメージは活発、積極的、ポップ等、前向きで明るい面が多く県外または県内の方々に良い印象を与えるように絵のタッチを柔らかくし、文字のフォントを面白く、カラーを鮮やかに明るくしてみました。

 

新潟県聴覚障害者協会 青年部

%e7%9c%8c%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8-%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

青年部より

新潟県聴覚障害者協会青年部結成40周年記念大会のお知らせ

 

本年、県青年部は創立40周年を迎えることとなりました。

これまで青年部を支えて下さった皆様に感謝の気持ちを伝えるとともに、今後も青年部の活動がさらに発展していくことを祈念して、40周年記念大会を開催いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

★日時:2016年12月10日 午前10時~午後2時

★会場:アオーレ長岡 市民交流ホールA (記念式典・記念講演・祝賀会)

(長岡市大手通1-4-10)

 

プログラム

①記念式典

午前10時~午前10時45分

②記念講演

午前11時~12時

(一財)全日本ろうあ連盟青年部

中央委員長 廣田 喜春 氏

「青年部の歴史と活動意義について」

③祝賀会

午後12時~午後14時

(※託児あります)

 

・参加費

法人会員(県聴障協会員・県聴障協賛助会員)12,000円

非会員                  14,000円

※記念講演・祝賀会、記念誌含みます/記念誌は大会後にご送付いたします。

 

・参加申し込み〆切:2016年11月10日(木)

・申込先:一般社団法人新潟県聴覚障害者協会

FAX 025-381-4699

メールアドレス n.r.seinenbu+40th@gmail.com

・振込先は参加申込書に記載してあります。

 

多くの参加をお待ちしております!!

新潟県聴覚障害者協会 青年部

%e9%9d%92%e5%b9%b4%e9%83%a8%e7%b5%90%e6%88%9040%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%80%80%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%bf

最新情報を更新しました!

事務局です☆

HP/Facebookの更新が遅くなり申し訳ありません。

バタバタしており、更新しなきゃ‼と思いつつも行事が終わってしまったものもあり、PRしきれず楽しみしていた方すみませんでした。

今回、数件をアップしましたので是非ご参加・申し込みをお待ちしております☆

 

第40回新潟県聴覚障害者ソフトバレーボール交流大会 開催のお知らせ

第40回新潟県聴覚障害者ソフトバレーボール交流大会 開催のお知らせ

 

日程 : 平成28年10月23日(日)10時00分~15時40分 

会場 : 西山総合体育館(柏崎市西山町浜忠150-5)

今年は柏崎市で開催します。各地域からチーム申し込み頂き、ありがとうございました。

当日、体育館のギャラリーから応援に参加できます。柏崎市へ!

 

体育部

聴覚障害者生活訓練事業 「高齢講座」

聴覚障害者生活訓練事業 「高齢講座」

日 時:平成28年11月23日(水曜祭日)10:00~12:00

会 場:ながおか町口御門(新長岡市社会福祉センター)

内 容:高齢講座「17歳で被爆して」

    講師:新潟県原爆被害者の会(新友会)会長

       山内 悦子 氏

ご希望の方は、当協会までお問い合わせ下さい。

 

高齢部

県スポーツ協会委託事業「ゴムバンドを使った体操教室」

県スポーツ協会委託事業「ゴムバンドを使った体操教室」

ゴムバンド(チューブ)を使っての骨盤体操です。

からだのゆがみを戻す簡単なエクササイズです。背骨と骨盤のゆがみについてのミニ講演もあります☆

 

講 師:若山 恵理 氏(クリニカルカイロプラクティック美の里 カイロプラクター)

日 時:平成28年11月12日(土) 10:00~12:00      

場 所:新潟ふれ愛プラザ 会議室

対 象:どなたでも参加できます。

参加費:無料

持ち物:タオル(汗ふきタオル)・飲み物・動きやすい服装

    ゴムバンドは体操教室で準備します。

申込締切:11月1日(火)

 

体育部

聴覚障害者生活訓練事業「文化講座」

聴覚障害者生活訓練事業 「文化講座」

テーマ:「手話言語条例制定で変わる私たちの暮らし

講 師:井出 萬成氏(社会福祉法人長野県聴覚障害者協会 理事長)

日 時:平成28年11月3日(木・祝)13:00~15:00

場 所:まちなかキャンパス長岡 5階交流ルーム    

参加費:無料

申込締切:10月25日(火)申込みは、当協会まで。

 

☆ちなみに・・・

「長野県受話言語条例」は、2016年3月14日に長野県議会で成立されました。

県手話言語条例としては全国で4番目で、北信越ブロックでの手話言語条例の成立は初となります。

 

 

 

 

平成28年度新潟県手話通訳者登録試験のお知らせ

平成28年度新潟県手話通訳者登録試験

申込み締切10月7日です!

締切がが迫ってきておりますので申込みを迷っている方、申込みまだの方、お早めに!

多数の申し込みお待ちしております。

 

手話対策部